ウエディングミュージック全般
披露宴でおすすめインストルメンタルのBGMアルバム

披露宴でおすすめインストルメンタルのBGMアルバム

前回は友人スピーチでおすすめのBGMをご紹介しました。

新婦手紙朗読の時もそうですが、スピーチや手紙の際は、言葉が届きやすいように歌なしのインストルメンタルを私はオススメしています。

前回は広橋真紀子さんのピアノアレンジアルバム『リラクシング・ピアノ・ベスト~ウェディング・ソングス』をご紹介しました。

広橋真紀子『リラクシング・ピアノ・ベスト~ウェディング・ソングス』のCDはこちらから

気になる人は是非前回の記事もご参考ください!

本日もオススメのインストルメンタルをご紹介します。友人スピーチでも使えますし、迎賓や送賓、歓談でもオススメです。

The Piano Guys

Christina Perri – A Thousand Years (Piano/Cello Cover)

ピアノ奏者、チェロ奏者、映像クリエイター、音楽プロデューサーからなる異色の音楽ユニット。

2011年にアメリカのユタ州で結成。Youtubeでは美しい音色とユーモアのある映像作品で人気を集め、1億再生回数を超える楽曲も多数。インストルメンタルのグループで、ここまで人気を集めるのもとても珍しいと思いますが、ピアノとチェロからなる美しいアンサンブルと美しい景色をバックにした映像をご覧いただければ納得できるのではないでしょうか。

Let It Go (Disney’s “Frozen”) Vivaldi’s Winter – The Piano Guys

結成10周年を記念してリリースされたアルバム『10 ~ベスト・オブ・ピアノ・ガイズ~』はDisc2枚、合計28曲からなるアルバムですが、披露宴で使える曲がたくさん収録されていますので、そのまま歓談BGMとしてもまるまる使えますし、特に気に入った曲を選曲して迎賓や送賓、友人スピーチなどのシーンに使うのもオススメです。

『10 ~ベスト・オブ・ピアノ・ガイズ~』のCDはこちらから(タワーレコード)

The Piano Guys『10』(Amazon)

上記のYoutubeでもご紹介した、披露宴では定番曲の一つにもなっている『A Thousand Years』、ディズニー人気曲の一つ『Let It Go』も収録されています。

収録曲はこちら

Disc1
Tr.1  You Say(Lauren Daigle)
Tr.2  Someone To You(BANNERS)
Tr.3  Für Elise Jam(Beethoven)
Tr.4  Someone You Loved(Lewis Capaldi)
Tr.5  Thinking Out Loud(Ed Sheeran)
Tr.6  Happier(Marshmello and Bastille)
Tr.7  Lose You to Love Me(Selena Gomez)
Tr.8  Avengers / Portals
Tr.9  Avatar (The Theme)
Tr.10 Bless the Broken Road(Rascal Flatts)
Tr.11 Better Days ※Original
Tr.12 メドレー 宇宙の彼方へ / ロング・タイム
Tr.13 展覧会の絵 (2020Remix) (日本盤ボーナス・トラック) 


Disc2
Tr.1  A Sky Full of Stars(Coldplay) 
Tr.2  Beethoven’s 5 Secrets(One Republic/Beethoven)
Tr.3  Titanium / Pavane(David Guetta/Sia/Faure)
Tr.4  Let It Go(Frozen/Vivaldi)
Tr.5  The Cello Song(Bach)
Tr.6  Kung Fu Piano: Cello Ascends(Bach)
Tr.7  Begin Again(Taylor Swift/Bach)
Tr.8  A Million Dreams(The Greatest Showman)
Tr.9  Rewrite the Stars(The Greatest Showman)
Tr.10 Perfect(Ed Sheeran) 
Tr.11 A Thousand Years(Christina Perri)
Tr.12 Over the Rainbow / Simple Gifts(Harold Arlen)
Tr.13 What Makes You Beautiful(One Direction)
Tr.14 Story of My Life(One Direction)
Tr.15 Fight Song / Amazing Grace(Rachel Platten)

歓談で使う場合は、曲によってはちょっと使いにくいものもありますので、そのあたりはお好みで省くのもありですね。

映画『The Greatest Showman』からは『A Million Dreams』と『Rewrite the Stars』の2曲が収録されています。どちらの曲の原曲もいまだに人気で、よく披露宴でもCDをお持ち込みされるされる新郎新婦は多いです。

Ed Sheeranからは人気曲『Thinking Out Loud』と『Perfect』の2曲。どちらの曲も原曲はとてもロマンチックですが、ピアノとチェロのアレンジで、よりロマンチックかつエレガントな印象にもなります。

ケーキ入刀でよく流れるOne Directionの『What Makes You Beautiful』もまた違った雰囲気ですが、ピアノとチェロだけでも原曲のような明るさと元気があるのは、さすがのアレンジです。後半では、歌(コーラス)も入るので一段と楽しい雰囲気になります。

以前に書いた記事で、結婚式の「定番曲」や「王道」と言われるような曲は使いたくないという人には、カヴァーアルバムがオススメというのをご紹介しました。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

そういった意味では、The Piano Guysの今回のアルバムは、披露宴の定番曲のカヴァーも多く、原曲とはまたちょっと違ったテイストになり、他とは違うオリジナリティを音楽でも表現したい場合はオススメです。

ちょうどタワーレコードでは2021年10月17日(日)23:59まで、全品ポイント15%還元!

是非この機会に気になるCDをゲットしてみてください♪

日本盤ボーナス・トラックは入りませんが、The Piano Guysのユーモアのある美しい映像もご覧いただきたい人はCDとDVDセットの方がお得です♪

『完全生産限定版』DVD付きデラックス盤はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加



リーズナブルな価格で、プロフィールムービーを制作するなら「ナナイロウエディング」がおすすめ!結婚式場専属の映像会社制作時に比べ、約半額程度で制作可能です!

私が働いている結婚式場でも、式場専属の映像会社、新郎新婦や友人による手作りでの制作を除く、”外注業者”での制作の中でも、もっとも多くお持込みされる制作会社の1つがこのナナイロウエディングです!

披露宴にプロフィールムービーを取り入れる割合は9割以上!新郎新婦のおふたりでご自作でされる場合も多いですが、結婚式の準備は何かとやることが多く、想定していた以上に映像制作に多くの時間を割けないのもまた事実。また映像制作に慣れていないと、文字切れや音飛び、オーサリング作業(DVDに焼く作業)でエラーが起きたり、修正しなければいけないことも結構多いです。

そういう意味でもリーズナブルな価格で、プロクオリティーの映像が作れるので、是非検討してみてください。



1 thought on “披露宴でおすすめインストルメンタルのBGMアルバム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。