ウエディングミュージック全般
緊急事態宣言解除に伴う結婚式の動き〜アルコールの提供〜

緊急事態宣言解除に伴う結婚式の動き〜アルコールの提供〜

10月になり、今年も残すところ3ヶ月となりました。緊急事態宣言の解除に伴い、今後は結婚式の開催も増え、アルコールの提供も一定の条件下において提供できるようになると思います。

緊急事態宣言下でアルコールの提供のできない披露宴を経験したことで、それまであたりまえだった「祝宴=酒宴」のあり方について良い意味で見直す機会になったと思います。

日本にはもともと「直会(なおらい)」という神社においてお酒を神に献上し、神と一緒にお酒を飲むという神事があり、そこからお祝いなどの宴の場においては、お酒を集まった人々と共に飲むという文化があります。

日本の結婚式においては、56%がキリスト教式、17%が神前式なので、70%以上のカップルが神の前で結婚の儀が執り行われるわけです。そのように考えた場合、挙式の後の披露宴で酒を飲み交わすことができないのは、これまで大事に受け継がれてきた日本の文化や伝統を考える上で、お酒があまり飲めない私から見ても物寂しさを感じてしまいます。

一方で、緊急事態宣言発令に伴う結婚式の延期の要因として、「アルコールが提供できないから」という理由は思った以上に影響はないそうです。仮にアルコールの提供ができなくても、新郎新婦のおふたりが大切なゲストをしっかりおもてなしをすることができるかが大事な要素になったのでしょう。

ノンアルコールドリンクのレパートリーを充実させたり、オリジナルドリンクの提供など、ドリンクにおける多様化と新たな可能性が広がったという意味においては、今後の披露宴においてアルコールが提供できるようになっても、選択肢としての幅が広がることでしょう。

これまでの披露宴は、お酒を飲まない、あるいは飲めないゲストにとっては少し窮屈に感じることも少なからずあったと思います。当の私もお酒はあまり強い方ではないため、披露宴やお酒の席では正直窮屈に感じることもありました。

私が以前友人の披露宴にゲストで参加した時の話ですが、友人である新郎がお酒をあまり飲めない私に配慮してくれ、オリジナルのノンアルコールカクテルなどのドリンクも複数用意してくれ、司会からも「本日はお酒が苦手なゲストの皆様もいらっしゃるので」と自然とアナウンスをしてくれたので、窮屈な思いをすることなく、楽しい時間を過ごすことができました。

最近では「若者のアルコール離れ」も進んでいる流れを考えると、飲める人にも、飲めない人にも、幅を持たせる選択肢があることは良いことではあると思います。

披露宴のBGMについて考える場合、とりわけ乾杯のシーンにおいて、アルコールの提供のありなしによって選曲に注意が必要な場合があります。披露宴全体の温度感という意味では、アルコールの提供がない披露宴はアルコールの提供があった披露宴と比べると、落ち着いている印象があります。

その場合、乾杯のシーンでご発声される方はどういった方なのか。また乾杯のシーンで予測される温度感と曲の雰囲気は合っているかということも考慮する必要があります。また「お酒を飲む」ことを意味するストレートな歌詞がある場合、それが有りなのか無しなのかというところも気をつけるポイントです。

オススメの乾杯曲に関しては以前にも記事にしたので、こちらもご参考ください。

フォーマルな雰囲気の乾杯曲

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。