ウエディングミュージック全般
披露宴のBGMってどうやって選べばよいの?

披露宴のBGMってどうやって選べばよいの?

披露宴の会場の雰囲気作りに大きな効果をもたらす音楽。

ウエディングのアイテムの中でも、目には見えず、抽象的で、どうしてもその効果が伝わりにくい側面がありますが、

会場の空気感を一瞬で変えることができるのは、音楽ならではのチカラです。

だからこそ、会場やシーンにあった選曲というのはとても大事になってきます。

乾杯やケーキ入刀など盛り上げたいシーンで、しんみりした音楽を流しては場を盛り下げてしまいますし、

手紙朗読など、言葉をしっかり伝えたい時に、いくら音量を下げるとはいえ、うるさい音楽を流しては場が台無しになってしまいます。

  • 盛り上げたいのか
  • 落ち着かせたいのか
  • 楽しませたいのか
  • 感動させたいのか

など

それぞれのシーンでどうように演出したいのか。まずそこを具体的にイメージすることで、必然的にそこに必要な音楽が決まってきます。

multicolored mixing console

わかりやすいシーンの例だと新郎新婦退場のシーンです。

感動的に退場したいのか、あるいは明るく元気に退場したいのか。

感動的に退場したいのであれば、バラード系、明るく元気に退場したいのであれば、アップテンポな曲などと自然に決まってきます。

乾杯シーンも、それまでのちょっと堅苦しい雰囲気から一気に祝宴ムードに変えるため、頭にインパクトのある元気な曲にする場合もあれば、お食事のスタートとして上品でお洒落な曲を選ぶ場合もあります。

各シーンをどうような雰囲気にしたいのか具現化できると、2時間半の披露宴全体のメリハリのつけどころも見えてきますし、トータルバランスを考える上でも非常に役立ちます。

新郎新婦おふたりに事前に決めてきてもらったBGMに対して、プロから見てバランスって大丈夫ですか、とよく意見を聞かれることがあります。

この場合、音楽的なバランス以前に、それぞれのシーンで目指している方向性や雰囲気をしっかり落とし込めているかが重要になってきます。

逆を言えば、それさえしっかりイメージできていれば、大抵は問題のない選曲になっていることが多いです。

BGMはあくまでバックグラウンドなので、まずは主体となる人や演出、それを含めどのような雰囲気を作っていきたいかを、しっかりイメージし、それに合った音楽を選曲することがポイントになります。

披露宴のBGM選曲で迷ったら是非参考にしてみてください。



リーズナブルな価格で、プロフィールムービーを制作するなら「ナナイロウエディング」がおすすめ!結婚式場専属の映像会社制作時に比べ、約半額程度で制作可能です!

私が働いている結婚式場でも、式場専属の映像会社、新郎新婦や友人による手作りでの制作を除く、”外注業者”での制作の中でも、もっとも多くお持込みされる制作会社の1つがこのナナイロウエディングです!

披露宴にプロフィールムービーを取り入れる割合は9割以上!新郎新婦のおふたりでご自作でされる場合も多いですが、結婚式の準備は何かとやることが多く、想定していた以上に映像制作に多くの時間を割けないのもまた事実。また映像制作に慣れていないと、文字切れや音飛び、オーサリング作業(DVDに焼く作業)でエラーが起きたり、修正しなければいけないことも結構多いです。

そういう意味でもリーズナブルな価格で、プロクオリティーの映像が作れるので、是非検討してみてください。

1 thought on “披露宴のBGMってどうやって選べばよいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。